格闘技

格闘技

格闘技

このページは「柔道の定義と歴史 」の情報コンテンツです。
格闘技 > 柔道の定義と歴史

豆知識

柔道の定義と歴史 -柔よく剛を制す-

柔道は1964年の東京オリンピックからオリンピックの正式に競技になっています。いまや日本だけでなく世界中で親しまれている競技です。

柔道について

柔道は嘉納治五郎によって体系づけられた日本の国技とも言える格闘技、スポーツです。日本古来からあるいくつかの柔術が基になっています。嘉納治五郎が小柄であったことから、それが不利に働かないようにしたいという強い想いから考案されたという一面があります。柔道においてもっとも重視されるのは、相手の力を利用する技術です。これが大きな相手を倒すにあたって、最良の方法とされます。

寝技の技術

柔道では、立ち技と寝技という2つの異なった局面での戦いがあります。寝技では防御と胴締めが中心になります。寝技の技術としては、関節技、首締め、抑え込みがありますが、どれも実用的で効果的な技です。柔道では試合で相手を殴ったりすることは認められませんが、これらの動作も型としては入っています。多くの総合格闘家は、寝技に持ち込んだり相手をテイクダウンしたりする方法として、柔道の技術を取り入れています。

投げの技術

柔道の投げは、相手を殺すような技ではありませんが、相手の体を地面にたたきつけてダメージを与えることで、抑え込みや寝技にスムーズに移行できます。投げる前段階で、つかむ、引く、押すことで、相手を前後左右のいずれかに動かしてバランスを失わせます。崩された相手は本能的に反射行動をとるので、その瞬間に懐へ入り込んで、不安定になった相手を投げるのです。この相手のバランスを崩し、相手の反射行動を利用することが大変重要で、これにより自分より大きな相手でも投げ飛ばすことができるのです。

実力を示す帯

柔道では、帯の色によって、段級位が表されます。「黒帯」は達人の意味で使われることがありますが、初段以上が締めるもので、黒帯にもいくつかの段位があります。実は黒帯よりも上の段位もあり、最高位は9~10段の紅帯です。

格闘技 激安通販
ExecutionTime: 57 msec / Memory: 7.6 MB