格闘技

格闘技

格闘技

このページは「太極拳の歴史と習得 」の情報コンテンツです。
格闘技 > 太極拳の歴史と習得

豆知識

太極拳 -健康法としても世界的に大人気-

現在の太極拳は、格闘技や護身術というよりも健康法として、世界中で親しまれています。気の流れを重視したゆったりとした動きなので、老若男女、取り組むことができます。

太極拳について

太極拳は道教の思想に基づいた武術であり、健康法です。中国および世界中で数百万人が稽古に励んでいます。道教の自然感を基にした、ゆっくりとした、柔らかく、優雅な動きが特徴です。中国ではこの武術は病気を治し、健康を回復する方法とされ、市民が朝の公園などに集まって練習している光景をよく目にします。

太極拳の歴史

太極拳の正確な起源は明かではなく、太極拳の基本である「十三勢(じゅうさんせい)」という型は張三豊という人物が創作したと信じられていますが、伝説の域を出ません。より信憑性が高いのは、17世紀半ばに軍人であった陳王廷が、今日の太極拳として認識されている型を創ったというものです。彼が創り上げた陳式太極拳の「套路(とうろ)」は、現在の太極拳でも最も一般的な基本の型です。元の陳式太極拳にはあった素早くて力強く、獰猛なひねる動きが現在の太極拳では取り除かれています。

現代の太極拳

最近の套路は、高い姿勢で相手との闘いや、関節技、投げに重点を置かず、ゆっくりとしたリズミカルな動きで気を養い、体にエネルギーを取り入れて健康を促進することを目的としています。大きな流派としては、陳式、楊式、武式、孫式の4つがあります。それぞれの流派には多くの違いがあります。

太極拳の習得

一般的に太極拳には、健康、教育、格闘という3つの効果があるといわれています。正しい姿勢をとり、それを維持することは、血圧を正常にし、肉体的な強さ、調子、バランスを整えるという点では、速く動くよりも大きな効果が得られます。しかも、それぞれの動きは、戦法により明確にされています。

また、太極拳の大きな特徴は、護身を目的としている点です。修行者は、相手の力を直接受け止めることよりも、力の方向をずらすことを教えられます。関節をゆっくりと円の動きで動かすことにより、リラックスとリフレッシュ効果が上がり気を養うことができます。

格闘技 激安通販
ExecutionTime: 47 msec / Memory: 7.6 MB